美人の法則

私って特にブスだと言われたこともないけど 美人だと言われたこともありません。どこにでもいる 平均的 な顔っていうことなんでしょうか、なんだかあまり個性がないようで はっきり言って つまらないな と思っています。目も二重まぶたでそこそこ大きいし、鼻も特別低いわけではないし、でも なんだかあまり特徴のない顔 って言えばそうなんです。初めてあった人 に誰かに似てるってよくいわれます。でも その誰かがなかなかはっきり名前が出てこないんです。

つまり 誰かに似てるけど 誰だかわからない あやふやな顔という事にも言えます。美人といわれる人は、誰かに似てるじゃなくて、その人自身にものすごくインパクトがあるんだと思います。目と鼻と口とおでことほっぺと顎、持っているパーツはみんな一緒なのに、どうしてすごく美人に見える人とそうじゃない人がいるのでしょうか。結局のところ それぞ れのパーツの美しさが問題なんでしょう。そうです、確かにパーツは同じでも、それぞれのパーツの精度とバランスが問題なのです 。そういえば 美人の黄金比率というのを聞いたことがあります。それぞれのパーツが美しくととのっていることはもちろんですが、それらのととのったパーツが黄金比率で きちんと並んでいることこそ、ゆるぎない 美人に見える顔の法則だと思います。整形手術で 目をふたえにしたり鼻を高くすることができるかもしれませんが、それぞれのパーツの黄金比率を整えるのは、もしかしたら難しいのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>